2007年2月26日月曜日

買いそびれたクルマ? フィアットパンダ セレクタ



1998年式?フィアットパンダセレクタ(CVT) 型式E-F141B3 です。

同じ職場の方が最近uesdで購入しました。
購入する際、yopioにちょこっとだけ相談されまして

(この時点で購入を決めてたようですが...)

「イイんじゃない!」と言ったら

本人はたいへん嬉しそうにしてました。

納車後、さっそく冷却系!エアコン!燃料供給系!と

トラブルに見舞われたようですが、最近調子を取り戻し

喜々と走り回っているようです。


yopioは3年程前、このプリミティブなクルマを

手に入れようとイロイロと探しまわっておりましたが、
偶然通りかかったショップでワンオーナー、低走行距離、
しかも価格がお手頃だった オペルビィータGLS に
乗り換えてしまいました....。

それ以来、街で見かけるたびにちょっと心残りを感じるクルマです。

2007年2月21日水曜日

気になるクルマ Lotus・ExigeS ロータス・エキシージS



Lotus・ExigeS ロータス・エキシージS

昨年の輸入車ショーで撮影した画像です。
トキメキました...。

主要諸元は以下のとおりだった気がします。

イートン製スーパーチャージャーを搭載。重量935Kg で出力162.5kW(221PS)
0~100km/h が4.3秒(0~60mph は4.1秒)最高速は248km/h
パワーウェイトレシオは5.8kg/kW、4.2kg/PS(173.8kW/トン、236.4PS/トン)

もし購入するとしたならトヨタ製1ZZ-FEを搭載したElise Sがシンプルでいいかな♪

2007年2月18日日曜日

メルセデス・ベンツ Mercedes-Benz 500SE (E-126) 1989年式



ご近所さんが新車で購入後、一昨年まで所有していたクルマです。

当時流行していた?フェンダーに張ってあるシルバーのトリムが

アクセントになっております。ハイ...。

とても大切にされていたそうでエンジンルームまでピカピカ!

次のオーナーに引き取られていく時は、一抹の寂しさを感じたそうです...。

何度が乗せていただきましての感想は、
Newモデルとくらべてしっとりとした乗り味が印象的です。
エンジンのフィーリングはちょっと旧いクルマ特有のカロリーを?感じさせるもので
好感が持てました。

うーん...。このクルマ譲り受ければ良かったかな?

主要諸元
メルセデス・ベンツ Mercedes-Benz 500SE (E-126) 1989年式
エンジン型式 1175
V型8気筒OHC
内径X行程 96.5mm×85.0mm
総排気量4973cc
圧縮比10.0
燃料供給装置KEジェトロニック
最高出力255ps(188kW)/5200rpm
最大トルク40.6kg・m(398.1N・m)/3750rpm

燃料タンク容量90リットル
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃費(10/15モード)5.8km/リットル

サスペンション前 ダブルウィッシュボーン
サスペンション後 セミトレーリングアーム
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
タイヤ前205/65 VR15
タイヤ後205/65 VR15
最小回転半径5.7m

トランスミッション4AT
駆動方式FR

2007年2月16日金曜日

気になるクルマをイラストにしました。ランドローバー ディフェンダーTdi



ランドローバー ディフェンダーTdi

たいへんお世話になっている方の愛車です。


限界を試す気になれないほど高い走破性。

実用的である意味、機能美を追求している?外観。

yopio的には...味わい深いクルマのひとつです。

諸元
型式 KG-LD25
全長×全幅×全高 4565×1785×2070mm
ホイールベース 2795mm
トレッド前 1510mm トレッド後 1510mm
車両重量 1990kg
ドア数 5 乗員定員 5名

エンジン
エンジン型式 15P
種類 水冷直列5気筒SOHCICターボ
内径X行程 84.5mm×89.0mm
総排気量 2495cc
圧縮比 19.5
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
最高出力 122ps(90kW)/4200rpm
最大トルク 30.6kg・m(300N・m)/1950rpm
過給機 IC付きターボ
燃料タンク容量 75
使用燃料 軽油

ステアリング&サスペンション
サスペンション前 車軸式(パナール・ロッド)
サスペンション後 車軸式(A型フレーム)
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
タイヤ前 LT235/85 R16
タイヤ後 LT235/85 R16
最小回転半径 6.3m

トランスミッション
型式 5MT
駆動方式 フルタイム4WD

変速比
第1速 3.692
第2速 2.132
第3速 1.397
第4速 1.000
第5速 0.770

後退 3.536

2007年2月14日水曜日

車イスをより快適に...♪






仕事の合間にちょっとした車イスの改装をしてみました。
外観仕上げの善し悪しは?ですが、
コストパフォーマンスは抜群だと自負?しております。

改装した部分はフットレストと呼ばれる足をのせる台です。
フットボックスと命名しました。(そのまんま?デスね)

製作上のポイントは、ドライバー1本で取り外して現状復帰できる点と
一般的な材料で製作できる点です。

主な材料は、12mm合板(シナ合板だと見栄えが良いのですが、ちょっと高価です)
100円ショップで見つけたクッション、タッピングビス大小約30本、L型金具4ヶ

必要な工具は、のこぎり、電動ジグソー、電動ドライバー、巻尺など

その他、木工用ボンド、紙ヤスリ、等です。

このフットボックスを取り付けると折りたたみができなくなりますが、
利用する方のサイズに合わせてありますので安定性は良好で、
いままでよりしっかり座位がとれるようになったようです。
(まだまだ改良の余地があると思いますが...)


この車イスは介助用ですが、自走用の車イスにも取り付け可能です。

シーティングがしっかりしたオーダーメイドの車イスが理想ではありますが、
ほんのちょっとの手間と費用で利用する方が快適になればイイかな...。

2007年2月12日月曜日

misterDonut(ミスドの期間限定品)サクッとお抹茶 食べました♪


ドーナツ全品100円につられていってきましたmisdへ...。
mister Donutウェブ サイトはこちら。

2/7新発売という オールドファッション 抹茶チョコを購入。
一口食べるとほんのり抹茶の香りが広がります。

sweetなものがお好きな方には?ですが...
甘さ控えめでおいしいです。

2007年2月10日土曜日

シロサギ?





最近、中高年で話題の?メタボリック症候群が気になりまして ヒマがあれば近所を散歩しております。

その散歩コースの途中、いつも決まったところに佇むシロサギ?(たぶんそう思います)と会います。

ヤツは、なかなか用心深くカメラを向けるとさっと飛び立ち
木の上から高見の見物を決め込みます。

何度か挑戦してみましたが、
このとおりうまく撮影できません...(笑い)

きっと、ヤツもこちらを懲りない奴だなと思っていることでしょう...。

「があがあ」っと鳴きながら これまたいつもの立ち木の上へ飛び立ちました。

2007年2月9日金曜日

ポチッ! その2 YMO 再生?再々生?

ポチッ!と買うてしまいました♪ 

イエロー・マジック・オーケストラ Rydeen 79/07

キリン・ラガーのCMで流れていた曲です。yopioのような40男には感慨深いものがある曲のひとつではないでしょうか。

お好きな方はすでに iTunes Store  でダウンロード購入されていると思いますが、yopioもついポチッとやってしまいました!

イエロー・マジック・オーケストラがどのような経緯で 再生?再結成?されたのか
コアなファンの方におまかせするとして、まずは聴いてみました。

う〜ん なぜがとてもなごみます。栗コーダーカルテット(わかりますかぁ〜?)に 似てるかな?って一瞬思いましたが...。

何度か聴いているうちに いろんな音源が心地よく組み合っていること

CM中で、枯れた味わいを醸し出している3人の姿といい... とても楽しませていただきました♪

次はぜひアルバムでも...。

2007年2月8日木曜日

ポチッ!その1 新しいプリンターを購入!




突然ですが、“ポチッとワンクリック” プリンターを購入しました!画像のとおりエプソンのPM-730Cという古いプリンターからCanon PIXUS (ピクサス) iP4300へ...。

購入から4年弱、これといって不満が無かったのですが、PM-730Cのインクが切れてしまい“Amazon”を眺めていたら13800円という値段につられて(手元にアマゾンギフト券もあったので...)ついポチッと購入してしまいました。

価格.comや、大手量販店と比べると特別安い訳ではないのですが、ポチッとした翌日に届くという、まるで職場で使っている“アスクル”のようなレスポンスの良さはもうやめられません! まぁネットショッピング全体に言えることですけどネ。

肝心なこのプリンターを使った感じですが、4〜5年前の機種と比べると音は静かで、速い!私のような一般人には、画質的にも十分満足できるものです。

ただ、気になるほどではないのですが、(画像のようなしっかりした柱を持つ机ですが...)プリンターヘッドの動きにあわせて少し揺れます。
また、CD,DVDレーベルプリントのためのプラスチック製プレート? の 収納場所が 本体にあったなら なお良いのですが...。

重量もあり全体にしっかりした感じです。デザインも満足できるレベルだと思います。

大きさはPM-730Cよりもコンパクト、給紙も上部と前面からできるのでとても楽です。

インクの消費等のランニングコストの面は、これから使い続けてみないと何とも言えませんが、染料4色+顔料黒1色ですので、巷での数多くのインプレッションのとおりだと思っています♪

この価格で文句をつけたら申し訳ないような気がします。 ハイ...。

それからプリントの仕上がりとはあまり関係ないのですが... 
インクの香りがずいぶんかわりましたね。エプソン系の染料インクは、酸味が強い感じがしてましたが、 iP4300のプリント直後の香りは酸味はあまり感じられませんでした。乾燥するとほぼ無臭です。

次世代プリンターに “香り付き” インクが各メーカーさんから発売されたなら、これもまたおもしろいかな?とyopioは思います。

“ アロマな多機能プリンター ” いかがでしょうか?

2007年2月6日火曜日

12弦アコースティックギター




さて今日は、最近のマイブーム(ちょっと旧いいいまわしかな?)アコースティックギターのお話です。画像のとおりごくありきたりのYAMAHA製ギターです。よーく見ると弦が12本!20数年前に購入して倉庫の肥やしになっていたものです。年齢がバレバレですね。(笑い)
ある日、スガシカオさんの(夜空ノムコウ)弾き語りをTVで観た時から無性に弾きたくなり倉庫から引っ張り出したらなんと12弦!。 〜すっかり忘れていました〜
新しく購入したいとも言えず...(レトロ風に言えばウチの大蔵省に怒られるってところでしょうか。)

さっそく弦を張り替えるところから始まりました。それがまた一苦労。しばらく放置していたためかチューニングもたいへんでした。いまだに苦労しております。ハイ

そしていざ〜弾き出そうと思ったら、
う〜ん!指が痛い〜 いてててて・・・・。コード(FやらBm7やら)がうまく押さえられない。 とほほ。

当然ながら指一本で弦2本を押さえなければだめなんです。

ちなみに楽譜はwebで最近見つけた@ELISEからの購入(ダウンロード販売)で300円でした。SMAPの“夜空ノムコウ”をギター用にアレンジしたものでしたが、通常の楽譜の下にTAB譜(ギター譜?)なるものが記載されてまして、これがまた便利!(もうずっと以前からあったのでしょうけど)これで少しはやる気でてきたかな?

まぁ〜クルマのイラスト同様、気長に続けていこうと開き直ったyopioおじさんでした。



まずは、Yopio’家周辺のようすから。

ちなみに昨年の画像です。たいへんな大雪でした!

2007年2月4日日曜日

そろそろ作品を公開します...。


こんばんは!yopioです。ブログのネタ捜しって意外にたいへんですネ。(っていうか管理人の生活に問題あり...かな?)
みなさんどうしていますか?今日は作品の一部をUPしてみました。ちょっと解りにくいかもしれませんが、クルマのイラストです。
フォードGT40という1966のルマンに出場したマシンです。残念ながらyopioは実車を見たことがありません...。
スタート前の雰囲気を感じられるでしょうか?

2007年2月3日土曜日

やっぱり今年も大雪?


暖冬一転、一夜にしてこのとおり。

2007年2月1日木曜日

“豪雪” 備えあれば憂いなし? その3



そして、おしりがセクシーな?
こんなクルマがあればもう完璧!

そのクルマとはランドローバー ディフェンダー 
以前、ほんの少し試乗させていただきましたが、

(オーナー様たいへんありがとうございました♪)

その走行性能を使い切るなど、わたくし素人にはとてもできないほどの
懐の深さを感じることができました...。

う〜ん イイおしり♪

“豪雪” 備えあれば憂いなし? その2




約25Kmはなれた隣町では、このような機械がないと冬が越せないほど積雪があります。
ちなみにこの機械はKOMATSU製。土木工事会社や水道工事屋さんが使うもので、たしか
通称 ユンボ または バックホー と呼ばれるものです。

ほんとお疲れさまです...。

“豪雪” 備えあれば憂いなし? その1



ここ雪国では、このような除雪機が毎年大活躍します。
今年はご覧のとおり雪はなし...。ちょっとさびしそうではあります。ハイ...

この機械は、あのHON◯A。ライバルはもちろんあのYAMA◯A。(ちなみにボディ色はブルー)
F1界2006シーズンの赤青対決も真っ青な戦いがここ雪国で繰り広げられます。他に、あの輸入車で有名な YANA◯E の製品もあります。

空冷フラット6を積んだ製品がでないかな〜。  でも高価で買えないでしょうけどネ...。