2008年12月27日土曜日

山形輸入車ショー2008・・追記あり・・





すこし以前になりますが・・・(^o^;
山形輸入車ショー2008 (12/6〜12/7に開催)に行ってきました。
この「山形輸入車ショー」山形県内の輸入車ディーラーの合同展示会といった風情。会場に展示されいるクルマの運転席(一部を除く)に座る事ができました。キーロックされているクルマでも最寄りの営業マンにお願いすると快く案内してくれます。わずか1時間という限られた時間ではありましたが、そこは、自称「クルマ好き!」十分楽しんできました。


アウディR8 リアハッチ越しにエンジンを眺める事ができます。


アウディTTSのおしり...。
こうしたスポーツカーとクーペの中間のニッチモデルと呼ばれるクルマも好きです。
さりげなくスポーツしている感じがイイですね。


こちらはアウディR8のおしり...。

スーパーカーが持っている華やかさやオーラは感じられず、どこか素っ気ないこのアウディR8。けれども...GTとしては、最高の部類に入るクルマではないかと思います。
最新の極上GTといえば・・・マセラティ・グラントゥーリズモあたりでしょうか。

いずれにしても(わたしにとっては)高嶺の花!ですが(^o^;



WebCGに掲載されていたアウディR8の試乗動画です。興味のある方はご覧になってくださいませ!

2008年12月18日木曜日

VW Cross Polo・・・サービスカー



ゴルフを12月点検に出しているあいだ、代車としてクロス・ポロがやってきました。少し気恥ずかしくなるようなカラーに包まれたこのクルマ。エンジンは、ヘッドに違いがあるものの私のゴルフと同じ1.6リットル。車重も1180kgと軽いので、さぞかし軽快に走るのかな?・・・と思いながら運転席におさまる。走り出すと意外なことに、どっしりと重量感がある。室内のノイズも大きめ。エンジンもいかにもトルクを感じさせるふけ上がりで、軽やかに回転が上昇するゴルフの直噴エンジンとは、少し印象が異なる感じ...。タイヤが215/40R17というサイズのせいか、ノーマルのポロが持っている軽快な乗り心地は影を潜めておりますが、遊び心十分なフォルムはどこか陽気。アウトドアの雰囲気を味わうには十分かもしれません(^-^?

さて、ゴルフは走行距離を5000kmに伸ばしました。直進時、わずかにステアリングが右に傾く症状以外は、今のところ絶好調。乗る時間を取れないのが唯一の悩みでもあります。

ちなみにクロス・ポロのバックに映っているのは、SUVの本家レンジローバーヴォーグ。
やはり本物はオーラが違いますね!このクルマとクロス・ポロを比較してはいけません!もともと棲んでいる場所が違いますから・・・(^o^!

2008年12月13日土曜日

通好みのファミリーカー・・・オペル・メリーバ 1.6



「 オペル・メリーバ 1.6 」

正規輸入は途絶えたものの、いまだ一部に根強い人気があるオペルのクルマ。

静岡県にお住まいのオーナーさま。とても大切にされていらっしゃいます。
純正部品でセンスよくモディファイされるあたり・・・さすがよくわかっていらっしゃいます(^-^!

わたしも色違いの同じクルマを所有しているだけに、今回のイラスト制作には、気合いが入りました。その気合いが仕上がり具合にどれだけ反映されたかは、???ですが...。

このクルマといっしょに楽しい思い出をつくってくださいませ!

2008年11月10日月曜日

地面を滑空するという感覚・・・Citroën CX25 GTi


足掛け2ヶ月かけて・・・

仕上がりました(^-^!!

1987「Citroën CX25 GTi」

神奈川県にお住まいのZさまの愛車です。
ブルーマグネティークという淡い塗色がとても素敵です。

しっかりとメンテナンスをされていて
高速クルーズがとても心地よくこなせる
ベストコンディションと伺っております。

地面を滑空するという感覚・・・「シトロエンライド」を
ぜひ味わってみたいものです(^-^♪

2008年10月14日火曜日

宝石のようなクルマ達・・・・





一昨日前の12日、La Festa Mille Miglia 2008 に参加しているクルマが、隣町を通過しました。各方面の著名な方も参加されているようですし、コンディションの良いクルマを見る事ができる絶好の機会と思って、家族共々出かけてきました。

普段は静かなこの駐車場。今回は、チェックポイントになっているようで、クルマと見学の人々でたいへんにぎわってました。それにしても見た事もきいた事もないクルマ達がほとんど・・・だったのですが、(年式を考えると)どのクルマもとてもコンディションが良く感じられたのは、私の気のせいでしょうか?いや〜驚きです。
会場で配られていたエントリーリストを見ながら、参加車のすぐ側まで行く事ができたのは、ラッキーでした。参加者の邪魔にならないように気をつけていたことはいうまでもありませんが...。

そして、出発の時間がくると、
心地よいエンジンの咆哮と排気音を響かせながら、1台また1台と走り去って行きました。

とても楽しいひとときを過ごす事ができました

ジローラモさん・・・カッコいいですね。
往年のレーサー スターリング・モスさん・・・シブい輝きを放ってました。
なんと1929年生まれ・・・

撮りっぱなしの画像をこちらにアップしてあります。
興味のある方は、どうぞご覧になってください。
http://picasaweb.google.co.jp/car.illustration/LaFestaMilleMiglia2008InTakahata#

2008年10月5日日曜日

秋の味覚・・・



イラストを展示していただいている場所の近くで、大きな栗の実を見つけました。秋まっさかりです!



ご近所のショッピングセンターの駐車場で見かけたクルマです。
季節柄ロングツーリングの途中なのでしょうか。
この田舎町では見かける事のないクルマでしたので、助手席にいる娘に頼んで撮影してもらいました。
ベントレー・・・グレードは何種類あるのでしょうか?



山形市内で見かけたエリーゼ111R!後ろ姿もカッコいい。しばらく並走したあと蔵王エコーライン方面へ快音を残して走り去って行きました。ハードトップもイイですよね。



娘のリクエストで近場の釣り堀に行ってきました。ニジマスを7匹ほど釣り上げて(お買い上げ!)その場で塩焼きにしてもらいました。
とてもおいしかった。ちなみに1000円/kg、塩焼き代120円/匹なり。

2008年9月21日日曜日

作品を展示させていただいております(^-^!



10月末日まで

山形県南陽市:南陽治療院待合室に作品を展示させていただいております。

現在、バンプラ・ゴルフ・シトロエンCX・オペルメリーバ...と
クルマのイラストを鋭意制作中です。

2008年8月9日土曜日

あれから1年3ヶ月が過ぎて・・・


オペル・メリーバの近況です。

先月、YANASEへ2週間ほどの入院の後、戻ってきました。

 オイルパンからのオイル漏れ→オイルパン交換。
 エンジンがかからないトラブル→ブレーキポジションセンサーの交換。

おまけで、オイルとオイルエレメントを交換してもらい、やっと安泰な日々を過ごしているオペル・メリーバです。

街乗りを中心に海水浴や「そら」の散歩?に活躍しています。

このオペル・メリーバというクルマ。全長4040mm幅1695mm高さ1625mm。5ナンバーに収まるコンパクトなサイズにホイールベースが2630mm。この全長でこのホイールベース♪ということは意外に後席が広いのです。
また、小さなピクニックテーブルがついているので、車中での飲食も容易にできます♪ ほかのクルマでも工夫すれば十分できますが...(笑)

慣れるとマニュアルミッション独特のリズムで運転できる2ペダルのAT。右足の踏み込み具合で自在に変速する楽しみもあります。
微妙な踏み加減を習得するとシフトダウンも自由自在にできますよ。
但し、(シングルクラッチなんで)コツをつかむまで、シフトチェンジの度に、ガックン、ガックンと揺れます(;^_^A

決してパワフルではない1.6リットルのエンジンですが、必要にして十分なパワー。ひとたびスピードにが乗ると独逸車らしい安定性を見せます。燃費もまあまあで街乗りでも13km/リットルほど走ります。

しばらく快調に走ってくれそうですが、下回りを覗くと・・・マフラーのパイプの一部が異常にさびていたり、新車時からついているピレリP6000もひび割れが見られて、そろそろ賞味期限切れ。

まだまだ、(コンディション維持のため)気を抜く事ができないクルマなようです(笑)

2008年8月3日日曜日

ワンコの目線で見ると・・・



ワンコと暮らし始めて一ヶ月あまり・・・
しばらくぶりの更新です。

いろいろと悩まされましたが、すっかり我が家の一員になった「そら」。
やはり・・・愛情を持って接すればなんとかなるってことでしょうか!


ワンコの目線でクルマを見ると、こんな感じかな?
小さな「そら」にとって、このコンパクトカーでも恐怖を感じる存在なのでしょうか!?

吠えたくなる気持ちが少しわかった気がします。

昨晩、彼は洗面台の陶器部分を咬んで犬歯が折れてしまいました(@_@;
明日は、獣医さんに見てもらわないと(T_T)

ヤンチャな性格は、そのままです(^-^♪

2008年6月28日土曜日

6ヶ月点検・・・

ゴルフの6ヶ月点検のお知らせがありましたので
ディーラーへ行ってきました。

走行距離は、約2,700km!快調です。

ちょい乗りが多いシビアコンディションゆえに・・・
「好調を維持するため、タマに高速道路へ連れ出してください!」
とサービスの方からアドバイスをいただきました。



帰り道、お気に入りのワインディングに寄ってきました。





梅雨特有の雲に覆われてました。時おり雲の切れ間から暑い夏の陽射しが・・・




トルコンATなんで、MT並みのカチッとした変速フィーリングではないものの、実用車としては、愉しく走れるクルマのようです。

初めて、レッドゾーン近くまでエンジン回転を上げて走行してきました♪

2008年6月26日木曜日

宇宙(sora)がやってきました・・・




ご縁があって我家にニューフェイスが・・・


「飼う事にしたから♪」

昼休みに妻からかかってきた一本の電話がすべての始まり(^-^!

その日の夜に彼はやってきました〜

名前は「sora」ミニチュアダックス...です♪

2月23日生まれで現在4ヶ月の男の子!

とても素直な優しい性格・・・今のところ(^-^;

初めての経験だけに、これからどうなることやら。

でも・・・家族が増えるってなんかイイですね(^-^!

2008年6月16日月曜日

ミニカーを組み立てる・・・



遠方にお住まいのとても親しいお友達が、クルマ好きな私のために
エンスーな国産車のミニカーを送ってくださいました(^-^♪



その名も「徳大寺有恒が選ぶ!!俺のこだわりの名車」シリーズ。1/64スケールのミニカーキット。しかも非売品!このままでも十分楽しめるパッケージに入っていて、開封するのに勇気が入りました。

気になる車種は・・・




ISUZU BELLETT 1600GTR
TOYOTA 1600GT
NISSAN FAIRLADY 240Z
NISSAN SKYLINE 2000GT-R

そしてケース入りのDATSUN FAIRLADY 2000


1960年〜70年にかけての名車と呼ぶにふさわしいクルマたち。どれも個性的である種の輝きを放ってますよね!


休日、娘とのコミュニケ−ションを兼ねて?これらのミニカーキットを親子で組み立て始めました。
途中ネジを紛失するトラブルもありましたが、無事に組み立てが完了。

味わいのあるこれらのミニカーを前にして、(おかげさまで!)しばし至福の時間を過ごすことができました(^-^♪

ありがとうございました!!

2008年6月14日土曜日

小さなステッカー・・・


いわゆるステッカーによるtune-up!

「Tipo」誌からいただいたステッカーをリアハッチにぺたり...。

小さすぎて貼った本人にしかわからない(;^_^A

2008年6月12日木曜日

プチ・タイムスリップ・・・








読まなくなった数々の本を処分するためにBOOK・OFFに行ってきました。そこで見つけたのが、この雑誌CG(カーグラフィック)1988年7月号。ランチア・デルタHFインテグラーレの表紙につられてつい購入。まだ16バルブ化される以前のインプレッションや、自然吸気3.5リットルのジャッドV8に手こずっているF1中嶋 悟の記事、そしてバブル(経済)を感じさせる数々のクルマの広告が、華やかなキャッチコピーとともに掲載されていたのが印象的でした。今となっては気恥ずかしくなるようなフレーズの数々が、浮かれていた時代を感じさせます(^-^;

 
 見つめさせるか、見るだけか。CITROEN BX
 
 威厳の空力化 リンカーン・コンチネンタル 
 
 ルノーはオシャレ。ルノー5
 
 深遠の走り。OPEL SENATOR
 
 フェラーリ。誰がこの荒馬を乗りこなせるか。CORNES
 
 ポルシェフィソロフィーの具現車たち。Mituwa
 
 などなど・・・



女性のファッションも時代を感じさせますよね!




当時ハイパワー4WDに憧れて購入した初期の「三菱ギャランVR-4」の長期テストの記事もありました。



(このクルマ・・・88年から93年にかけて5年間ほど所有してました)

夏のワインディングでは、妙に軽いステアリングや、容量不足のクラッチ、フェードしやすいブレーキ、過大なロールを許してしまうサスペンション・・・などの影響で、スペックの割には、あまり気持ちよく走ることはできませんでした。

しかし、冬期間(雪道!)になると印象が一転。4WDと205PSのターボパワーの組み合わせが、私のようなヘタレでも十分すぎるほどのパフォーマンスを発揮し、粉雪を舞い上げながら、喜々として走り回り事ができました。

但し燃費は最悪。調子に乗ると3km/リットルなんて事も!

ヒラリ、ヒラリとバイク感覚の操縦性を持つといわれたランチア・デルタHFインテグラーレに憧れつつも、どこか憎めないギャランVR-4に満足しながら乗っていたあの頃が、とても懐かしく想い出されました(^-^!

2008年6月1日日曜日

vanden plus princes 1300・・・途中経過♪


vanden plus princes 1300

このペースで描いていると・・・
完成まで相当な時間がかかりそうです(^o^;

2008年5月27日火曜日

色替え?オペル・メリーバ・・・



「色替え」・・・したのではなく、実は代車なんです(^o^!
オイル漏れをした濃紺のメリーバの代わりに黒のメリーバ(YANASEのサービスカー)がやってきました。
我家のメリーバより数ヶ月新しいこのクルマ。まず最初に、インパネの意匠が微妙に違っていることに気が付きました。動かしてみるとイージートロニック(自動変速モード付2ペダル5速マニュアルトランスミッション)のシフトプログラムが改良されているせいか、シフトアップ時の空走感が少なかったのが印象的。我家のメリーバのように、シフトアップ時、(わずかに!)アクセルを戻さなくてもスムーズにギアチェンジします。

といっても・・・VWのDSGやトルコンATのようにはいきませんが...。

修理が終わるまで、しばらく、この黒いメリーバが我家に居続けることになりそうです。

2008年5月21日水曜日

完治!オペル・メリーバ・・・




2月の車検時にステアリングシャフトの交換を実施したオペル・メリーバ。
ステアリングコラムからの異音は消えたものの、ステアリングが妙に重くなってしまいました。
しかも、切り込んでいる途中にアシスト量が微妙に変化するようで、どうも落ち着かない〜。

3月初めに再び、ディーラーでチェックしてもらったところ、電動パワステユニットごと交換していただける運びとなりました。



ここまでは、前回ブログの通りでした。

あれから・・・待つこと1ヶ月半あまり。YANASEからやっと連絡が!




翌日、クルマを引き取りに再びYANASEへいってきました。
やっと本来のステアリングフィールに戻ったオペル・メリーバ。とても快調です。

走行距離は2.6万Km。エンジンにもアタリがついたせいかとても軽快にスムーズに回ります。5段ミッションに自動変速機能がついた2ペダルATの動作も不快なシフトショックショックを感じることなく快適です。しばらくこのままの日々が続こことを願うばかり...(笑)


ところが・・・





カーポートの床にオイルの跡を見つけてしまいました (?_?)
ミッションオイル漏れでしょうか?

それから、ブレーキペダルを踏んでもスターターが始動しないトラブルも発生!何回か踏み直すと始動はするんですが・・・?

いやはや、週末は、またまたYANASEに逆戻り(;_;)

いつになったら安心して乗れるのやら・・・

2008年5月9日金曜日

カップホルダー・・・

ゴルフ・オクターブの後席のカップホルダーを交換していただきました。

雪道を走ると細かな振動で後席のカップホルダーが必ず飛び出してくるのです。
1ヶ月点検の時に担当の方に相談したところ、念のため新品に交換していただけることになっていました。

今思うと・・・納車が厳寒期で、まだ新車時の固さが残ったサスペンションが雪道特有の振動を吸収できなかったのが主な原因。...だったようですが...。

特に運転に支障がない部分なので、そのまま(何事もなく!)数ヶ月がすぎてしまいました。

すると・・・この度のゴールデンウィーク中に!?
行きつけのガソリンスタンドで、レギュラーガソリンを給油されたり(;_;) (30リットル無料にしてもらいました♪)
道路から死角になっている縁石に乗り上げたり(;^_^A
幸いにも縁石が低く埋まっていたので、パッと見た限りでは無傷。けれども室内ではけっこう大きな金属音がしました(@_@!


下回りにダメージがなかったどうかチェックしてもらうため、そして、この一連の「危ない流れ」を断ち切るためにも!?
重い腰をあげてディーラーに行くことにしました(笑)

結果、エンジンにも、下回りにもダメージは認められず、まずは一安心!

なにかと気を引き締めなければ〜と思う今日この頃です。


※そういえば・・・愛用のデジカメも突然画面が真っ暗になってしまい、こちらも修理に出しております(?_?)
ので・・・今回は画像がありません。。。

2008年5月5日月曜日

続〜YBCクラシックモーターショー2008

YBCクラシックモーターショー2008


上記画像をクリックしていただくとウェブアルバムを見ることができます...。よろしかったらどうぞご覧ください!

個人的に気になったクルマは、「スカイラインGT-B」・・・

ウェーバー製のキャブが3連装された、迫力のあるエンジンルーム内。とてもきれいに整備されておりました♪

トランクには往年のレーサー砂子義一氏のサインも!

ビニール製のウィンドウォッシャータンク!懐かしいです(^o^!

2008年5月3日土曜日

「YBCクラシックモーターショー2008」・・そしてワインディングへ♪





今日は、山形市のビッグウィングで開催されている「YBCクラシックカーショー2008」へ行ってきました!
※画像は、後ほど公開しま〜す(^-^!まぁ腕前がイマイチなんで鑑賞にたえられるかどうか...(^^;

昼頃から気温が上昇しクルマの外気温度計は30℃を表示。館内は空調設備の冷房への切替が済んでいないらしくとにかく暑い!しかし、想像したよりも会場は混雑してなくて、ゆったりと鑑賞できたのは幸いでした♪
若い方もちらほらいらっしゃいましたが、わたしの年代のオジさんが圧倒的に多い!!

展示してあるクルマのオーナーさんのひとりとお話しする機会もあって、(維持するため苦労されていることや、楽しいエピソードやら・・・)しばし楽しい時間をすごしてきました♪

その帰り道・・・涼しさを求めて!?ワインディングロードへ寄り道。ここは、中速コーナーが適度に続く全長3kmほどの短いワイディング・・・。途中、市内を見下ろせる展望スペースがあるちょっとしたドライブコースでもあります。

ゴルフ・オクターブの走行距離は1500kmほど。そろそろ各部が馴染んできた頃と勝手に判断し、エンジンの回転数を3000回転〜5500回転に押さえながら、トルコン6ATの2、3、4速を使って、この道を2往復してきました。1600ccという排気量ゆえ、登りはそこそこしか加速しませんが、ワタシのようなヘタレには十分すぎる程のスタビリティを持っているようなので、エンジンの回転をあわせつつステアリングを操作してやるとオンザレールでコーナーをクリアできてしまいます。ある程度まで攻め込むと、わりと早いうちから195/65R15/V91というコンチネンタル製のコンフォート系のタイヤがたわんできて、限界をやさしく!知らせてくれます。下の駐車場で確認したところ、前後のタイヤのショルダー部分に接地したあとが残っていましたので、わずかながらスライドしているようです。しかし、感覚的にはオンザレールとしか思えませんでした。

ワタシが下るころ、997ポルシェやアルファ156が快音を放ちながら登ってきてました。とても気持ちよさそうでしたよ♪







さて、これから写真の編集にとりかかりま〜す(^-^♪

2008年5月2日金曜日

なんとなく続けていること・・・

ズバリ徒歩通勤です♪まぁ職場まで2km弱の道のりではありますが...。

今年の元旦からなんとな〜く続いております。

このあたりは、積雪が多く、あえてこの厳しい冬場に徒歩で通勤している人はほとんど見かけませんでした!
毎日のことゆえ、防寒対策をしっかりしたことは言うまでもありません(笑)
朝日に照らされた新雪の美しさに見とれたり、霜が空中でキラキラと輝く美しい風景に思わずハッとしたこともありましたっけ♪

あれから4ヶ月・・・
春になりとても気持ちの季節なりました〜。

なぜ続けているのかと自分に問うと?
理由らしい理由もないのですが、しいてあげれば・・・愛車の故障や、次のクルマの納車まで一ヶ月ほどかかったことがきっかけだったかもしれません。

わずか2kmとはいえ、毎日続けると足腰が強くなるようですし、
ガソリン価格が高騰している昨今、家計に優しく、わずかながら地球温暖化防止に貢献できて・・・

しかも、慣れてくると、通勤以外でも徒歩や自転車で出かける機会が多くなるなど・・・。

いいことずくめです(^0^!。



おかげで、今年1月中旬に納車になったゴルフ・オクターブの走行距離は1500kmほど。
まぁ休日や子供の送迎時にしか乗らないので当然か...。

となると・・・いっそのことスポーツカーを購入してエンスーライフを楽しめばよかったかもしれません(笑)

2008年4月28日月曜日

ちょっと早起きして・・



ちょっと早起きしてクルマを走らせてきました !

ゴルフ・オクターブの現在の走行距離は1500km。 まだ、各部に固さがありますが、いたって快調!



早朝のカントリーロードをスムーズに走り抜け・・・ 向った先は、長井市伊佐沢の「久保の桜」。

HPはこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~rb7s-ktk/tabi/saknagai/sakukubo.html

樹齢1200年というこの桜。とてもきれいでした♪

朝日を浴びながら気持ちよくお花見ができるハズ だったのですが・・・今朝の気温は、なんと0℃ !



遊歩道の一部は凍っていましたっけ・・・