2008年1月24日木曜日

ホワイトアウト・whiteout・



今日は仕事がお休み。
日頃の疲れを癒そうと近場の温泉施設へ・・・


出かける前に、クルマの雪をはらい、カーポート周辺を除雪して「いざ温泉へ」!

ところが、今日は、強烈な冬型の気圧配置の影響で、吹雪!!!
強風で雪が飛ばされ「ホワイトアウト!」道路とそれ以外の区別がつきません。



強風がおさまるまで、歩く速さで徐行、もしくは後続のクルマに気をつけて停止するしかありません。



途中、道路から飛び出して田んぼに転落したり、道路脇にできた「雪の壁」に乗り上げたりして、走行不能になったクルマを2台見かけました。
幸いドライバーは、すべて無事でした...。
3台目にならないように細心の注意をはらい、やっと到着!




この悪天候のせいか、お客さんは3人・・・
そのうち気が付くと、独りだけになっていました。

ガラス越しに吹雪を眺めながら、ゆったりと湯船につかり
幸せなひとときを過ごすことができました♪

唯一、気がかりと言えば・・・
「ここから無事に帰宅できるのか!?」ということだけ。

〜泣いた赤鬼で有名な、浜田広介記念館のちかくにある、人気の温泉施設〜

むくどりの夢館・温もりの湯

2008年1月19日土曜日

ありがとう!・・・ゴルフ3 ワゴンGLi・・・



新しい年とともに、新しいクルマがやってきました。


我が家のニューフェイスをご紹介します!
フォルクスワーゲン ゴルフ 5 E オクターブ・・・
という、モデル末期のお買い得者限定車!?です。

「限定品」というだけで・・・なぜか購入意欲をくすぐられる響きがありますよね♪

ゴルフ5の発売が2004年ですので、そろそろ大きなマイナーチェンジが予想されるこのクルマ。

熟成された1.6リットルのFSIと呼ばれる直噴エンジンとアイシン精機(日本製!)の6AT。

シンプルなスタイリング、これで十分と思わせる動力性能、そしてコストパフォーマンス...

ワタシにとって最良のクルマと思えました♪

また、とある自動車誌の編集部の方がこのクルマを絶賛されていたことが、購入に至った動機のひとつでもあります♪

いわゆる「通好み」。。。

軽快に走ってくれることと思います。



納車後、さっそく近くの神社で安全祈願!

これから距離をかさねていくことが、とても楽しみです♪



そして・・・今まで、我が家に楽しい思い出を作ってくれたゴルフ3ワゴンGLi。

ほんとうにありがとう・・・!

2008年1月15日火曜日

クルマのエンブレム・・・



最近のクルマのエンブレム...ずいぶんデカくなりましたよね。
今年からウチにやってきた VW ゴルフ5 E も同様で、
以前乗っていた VW ゴルフ3 ワゴン GLi の1.5倍!の直径があるのでは!?

2008年1月5日土曜日

「伝統を継承する」〜かわらないもの



車名の由来について調べているうちに、古くからもっている独特の味わいをかえることのなく長年にわたり生産されていたクルマたちの存在が気になってきました。

これらのクルマたちに共通しているのは、ボディスタイル、シャシー、エンジン、駆動レイアウトなどの基本的な部分をそのままに、細部のみを変更して生産されてきたことです。


「三菱ジープ J55」

トップの画像は、三菱ジープのJ55と呼ばれる最終バージョン。
(当時のカタログの表紙です。)

ソフトトップ、4速MT、パートタイム4WD、ノンパワステ、水をかけても大丈夫そうなインパネ、もちろんディーゼルエンジンで、エアコンはヒーターのみ!

限りなく無骨で、とてもシンプル。

防衛庁御用達・・・ということもあって、1953年頃から1998年まで約45年に渡り基本的な部分をかえることなく生産されていたクルマです。

正確には1973年からのモデルが最終J55に引き継がれているようですが...。


以前、知り合いのJ54と呼ばれるジープを運転したことがあります。

スライドしないシートと、重くて大きなステアリング、そして重いペダル類。(体のほうで!)ポジションを合わせることを強要させられる・・・

ちょっと窮屈でしたが、不思議とこれといって不都合は感じません。

1速では車速が伸びないので2速発進がお約束。

リーフリジットのその足回りは、段差での突き上げが結構あり、ひと言でいうと「固い!」。そして、ディーゼルエンジンの力強い音と振動・・・

ワインディングではその重ステのおかげで、ハンドルにしがみつきながらのドライビング。車速があがると、緩いソフトトップが時折バタバタっとあおられる・・・

決してドライバーに媚びない、なんとも運転しがいのあるクルマでした。


「ランドローバー・ディフェンダー」1968年〜

詳細はわからないのですが、
このクルマは何もいうことはございません(笑)

正規輸入は途絶えてしまいましたが、
こちらは、(三菱ジープJ55より)さらに味わい深いクルマです。
私のような腕前では、限界性能を試すことはできないほど基本性能が高く
シンプルな外観と機能に徹した内装がGoodです♪
条件がそろえば、所有してみたいクルマのひとつです♪


「クラシックミニ」2000年までほぼデビュー当時のまま生産され続けた!

「シトロエン2CV」こちらは1990年まで生産された!

「フォルクスワーゲンtype1」通称ビートル 2002年頃までメキシコ製の新車が手に入った!

「初代フィアットパンダ」1980年から1999年まで!

「チンクエチェント フィアット500」1957年〜1977年まで!

いずれのクルマもただ単にノスタルジックな趣味だけで愛されていたのではなく、シンプルで必要最小限の装備でも、運転していて愉いという、自動車としての基本がしっかりしているところが、凄い!

そして、(2CVを除いて)車名を引き継いだ新型車を各メーカーでリリースしているところが、名車たる所以でしょうね♪


残念ながら、衝突安全性や排出ガスの新基準に適合できなかったりして、近年生産が途絶えてしまったこれらのクルマたち。

戦後の大衆車の成功作であるこれらのクルマたちを
制覇してみたいというささやかな願望があります(笑)

2008年1月2日水曜日

あけましておめでとうございます♪


あけましておめでとうございます!

新年早々、大雪に見舞われ雪かきから始まりました!


昨年は、待望の個展開催をすることができました。
会場に来ていただいたみなさん!
ありがとうございました(´∀`)ノ

今年は、多くのエンスー車に触れるべく、クルマのイベント等に
(積極的に!)足を運んでみたいと考えております。

また、新しい作風にチャレンジすることも考えております。

そして、毎月新しいイラストを発表できるようにがんばりたいと
思っております。

みなさんどうぞよろしくおつき合いくださいませ♪





こちらは昨年12/30の大掃除後に、庭で剪定した枝や草花を積んで
立派な荷車になった愛車ゴルフくん。

わずか2日で、廻りの景色は一転!

積雪80cm・・・
さすが雪国ですよね♪